新築には太陽光を付けるべき

新築戸建てを建てるのであれば、太陽光は付けるべきです。家族四人分の電気をまかなう量を付けるとしたら、売電に適した季節であれば使用電力を差し引いてもしっかりとした収入源となります。なので、住宅ローンの返済の足しにもなります。また、同時に蓄電池を活用すれば、作った電力を無駄なく利用することが出来ます。今の規定だと電力は10年間しか販売出来ないようになっているので、その期間が終われば蓄電池を用いて家庭の電力として利用すると良いと思います。そして、新築戸建てに付けるというのがポイントです。もしも、家を建てた後に太陽光を付けたいと思うと、後から付けることは可能ではあるが耐震レベルが下がってしまいます。家を建てる時に付けるのであれば、太陽光の重さも考慮した設計を行うことが出来ます。見た目的にも新築に付けるとなると太陽光が瓦の代わりとなり、スッキリとした見た目になります。後のせになると、瓦の上にのせるので後付け感が出てしまいます。

ライズコーポレーションの口コミ・評判の比較